NISAとはということについてシンプルに考えてみると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、ネット証券がおすすめです。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がゼロのノーロードであること、場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回変更できるようになりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円なので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料を無料にするというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

といったことはよく言われていますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株式取引をメインに考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長5年という条件があり、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、気にしなくていい情報かもしれません。

現行NISAのデメリットは?

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先にすすめられて...などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAについて詳しく説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなど、ハイリスク型と呼ばれる金融商品も含まれていません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型になります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

これははじめから決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?もし投資をしたことがないという初心者なら、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

参考:NISAの口座は子供名義でも作れる?【口座開設の注意点は?】

これは預金と比較してどうかということではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長5年という条件があるのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回変更することができるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。

関連ページ